SSブログ

仏大統領選 運転マナーチェ〜ック! [アンケート&調査]

 フランス大統領選の一回目の投票日まで、いよいよ二週間を切りました。

 

 このところ専門誌が独自の視点から大統領選に関するユニークな調査を行っています。

 

 先日はポルノ雑誌の調査結果(以前の記事は→こちら)を紹介しましたが、今日は、自動車の専門誌Auto Plusの調査結果です。

 

 いったい何を調査したかと言えば.......

 

 選挙運動に大忙しの各候補者ですが、当然ながら車で地方遠征へと出かけて行きます。そこで気になるのが、候補者を乗せて走る車のドライバーのマナー。

 

 隠しカメラを搭載したAuto Plusの車(又はバイク)が候補者の車を密かに尾行しました。

 

 尾行は、昼夜を問わず2週間行われました。もちろん、候補者の皆さんが同じコースをたどるわけではありません。それぞれ独自の道を走ります。

 

 映像に登場する候補者は、フランソワ・オランド(社会党)(左派)、フランソワ・バイル(MoDem党)(中道)、マリヌ・ル・ペン(国民戦線)(極右)、ニコラ・サルコジ(UMP党)(右派)。

 

 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2012年4月9日に放送)(▸をクリックしても該当の映像が出てこない場合や、直接TF1のサイトでご覧になりたい方は→こちら



 夜の高速道路。Auto Plusの車の左を猛スピードで走り抜けて行った2台の車。

 

 一台目にサルコジさんが乗っています。

 

 尾行の車が時速150〜160キロですから、それ以上のスピードが出ていることになります。

 

 追いつこうとさらに時速190キロまでスピードをあげますが、追いつけません。

 

 となると必然的に先方は時速200キロ以上出している様子。

 

 その直後、自動速度違反取り締まり装置のフラッシュが!

 

 というわけで、サルコジさん、マイナス11点。

 

 お次ぎはオランドさん。道を急いでいるせいか突然左右にハンドルを切ることがあり、少々乱暴な運転に、マイナス8点。

 

 バイルさんもスピードの出し過ぎとジグザグ運転があり、マイナス7点。

 

 最後にル・ペンさんですが、200キロの高速道路を走行中に制限速度以上が2回ほどあり、マイナス3点。

 

 合計でマイナス29点という結果になりました。

 

 この調査、大統領選があるたびに行われる恒例の調査のようで、前回の2007年の時は、合計でマイナス35点だったそうです。

 

 詳しくは、今月9日に発売されたAuto Plusの誌面に出ています。

 

 サイトにそのページの写真が出ていますが、文字までは読めません。読みたければお買いなされということなんでしょう。

 

 サルコジを乗せた車の尾行映像は下記でもっと詳しく見られます。取り締まりの装置に気がついたのか、一瞬、スピードを落としますが時すでに遅し。

 

 

 ところで、サルコジさんの乗った車のスピード違反の罰金は、どなたがお支払いになるのでしょう???

 

 

******** フランス人のつぶやき *******

 

 

「今日、警官にスピード違反で捕まってしまった。恥ずかしながら、私は教習所の指導員です。そして、警官はかつての私の生徒だった」

 

VDM (Vie de merde)より



nice!(23)  コメント(2) 

nice! 23

コメント 2

opas10

これまたフランス流に候補者を揶揄してますねー、ニヤリとさせられます。スピード違反は、有権者の声に耳を貸さない、ジグザグ運転は政策のブレ、何て言いたいところでしょうか。
by opas10 (2012-04-15 21:01) 

carotte

opas10さん
ざぶとん二枚!!!
こんなことされたら候補者も気が休まらないですねえ。でも、どうも洒落で済んじゃってるような気がします。
by carotte (2012-04-16 09:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。