SSブログ

光のシャルトル [サントル・ロワール地方]

 世界遺産の大聖堂で知られるシャルトル(Chartres)。パリから列車で約1時間ほどで行くことができます。


 そのシャルトルで現在、Chartres en lumières(光のシャルトル)と題されるイベントが開催されています。


 町の29カ所で、毎晩、無料で美しいイルミネーションを楽しむことができます。


 もちろん大聖堂も例外ではありません。

Paris_Chartre.jpg


 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2013年7月29日に放送)(▸をクリックしても該当の映像が出てこない場合や、直接TF1のサイトでご覧になりたい方は→こちら




 夜の闇の中に現れた大聖堂のファサード。イルミネーションで輝いています。


 「大きいですね。それに色が印象的です。まるで絵をみているようです」と女性。


 イルミネーションの手法もどんどん高度になっていきます。単に光を当てるだけではありません。


 建物がスクリーン代わりになり、幻想的な世界を創り出しています。


 「こうして見ていると、昼間は見えてこないこまごまとした部分が見えてきますよ」と男性。


 このイベント、今年で10年目になるそうです。今年はすでに4月13日から始まっており、9月21日まで開催されます。


 「どんなお天気になろうとも毎晩行われることになっています。なにか問題が起きたらすぐに解決しなくてはなりませんよ」とイルミネーションの担当の方。


 全部で162晩、休むことなく続きます。


 見ている方は楽しいだけですが、やる方はなかなか大変です。


 観光客は、どうしても大聖堂ばかり見てしまいますが、町のお薦めは他にもあります。


 ウール川に架かる橋と昔の共同洗濯場。


 こちらはイルミネーションに光る橋が川面に映って詩的な情景を見せてくれています。


 そして、サン=ピエール教会。


 中に照明が入ったおかげで、普段外からは見られないステンドグラスが浮き上がって見えます。


 毎晩、このような風景が楽しめるなんて贅沢ですね〜。


 さて、このイベントのサイトに行くと29カ所全部の写真が見られます。興味のある方は→こちら


 ページの中ほどにある地図に1〜29までの番号が記してあります。この番号をクリックするとそれぞれのイルミネーションの写真が見られます。

 

 

 

******** フランス人のつぶやき *******

 


「今日、町を歩いていると、向こうからやって来た人とぶつかった。相手はこう言って謝った。『すいません、マダム』相手をよく見ると、今時の10代の長髪の男の子。しかめっ面をしたら、男の子はちょっと考え込んで言った。『マドモワゼル、ごめんなさない』その瞬間、私の顔がぱっと明るくなった」


 

VDM (Vie de merde)より





nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

nice! 32

コメント 2

opas10

さすがフランス、ちゃんと演出照明の芸術的価値を理解して、観光の目玉に据えています。日本でも近年さまざまなライトアップが増えてきていますが、ここまで大がかりなエンターテインメントはなかなかお目にかかれませんね。
by opas10 (2013-08-04 21:42) 

carotte

opas10さん
現実問題、こういうイベントをしても採算が取れるんでしょうね。なにしろ世界遺産にもなってますし、パリからも近いから、それなりの観光収入を期待できるんでしょう。アートと共存できているところがうらやましいです。
by carotte (2013-08-08 16:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。