So-net無料ブログ作成

共同オーナー [シャンパーニュ地方]

 帰宅しようと事務所を出ると、予想に反して涼しかったので、ホッと一息。

 やっと夏も諦めて秋にバトンタッチする気持ちになったのか・・・。

 連休に向かってお天気は下り坂ですが、気温は30℃を越すことはなさそうです。

 早いとこ20℃前後まで下がって上着が必要なくらいになって欲しいものです。

 さて、ブドウの収穫とワインの仕込みが本格化しているフランスですが、シャンパーニュ地方のとあるブドウ園では、共同オーナーになって自分だけのシャンパンを作って味わうことができるシステムがあるそうです。

Paris_VilleSA.jpg


下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France 3で2019年9月11日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 「共同オーナーの皆さま、ようこそお出でくださいました。これからバケツとハサミをお渡しします」とキャロルさん。

 ここはシャンパーニュ地方にあるワイン農家のブドウ園。

 ハサミとバケツを持ってブドウの収穫を始めた方々は、ここの共同オーナー。つまりここにあるブドウの株を所有しています。

 ブドウ園全体は無理でも、ブドウの木を数本ならなんとかなりますね。

 「楽しいですよ。一株でこれだけのブドウが実るなんて驚きです」と男性。

 「楽しいですけど初心者ですからねえ。1日これをやっていたら腰が痛くなりそう」と女性。

 「結婚祝いに義理の両親がプレゼントしてくれたんですよ。全部で24株ほど持っています」とバンジャマンさん。

 それなりの数ですね。初めての体験を楽しんでらっしゃるようです。

 皆さんがブドウ園にやってくるのはこれが2回目。一回目は3月の剪定の時期にやってきました。

 収穫が終わると次は12月に来ることになっています。その時はシャンパンの入ったボトルを受け取ることになります。

 「シャンパン作りの楽しさを皆さんと一緒に味わいたいと思ったんです」とキャロルさん。

 ブドウを収穫したら次はシャンパン作りの工程を学びます。一番重要な工程です。しっかり頭に入れておきましょう。

 最後はもちろん試飲で締め。美味しそうですねえ〜。

 12月にはボトルに入った自分だけのシャンパンが手に入ります。


******* フランス人のつぶやき *******

今日、3年前に買っておいたシャンパンを二人で飲むことにした。3年経っても一緒にいたら飲もうねと約束していたシャンパンだ。飲んだら二人ともお腹を壊した [あせあせ(飛び散る汗)]

VDM(Vie de Merde)より



nice!(40)  コメント(0) 

nice! 40

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。