SSブログ

冬の足音 [アルザス地方]

 アメリカ大統領選挙、早くはっきりさせてもらいたし。

 それにしても開票所までやってきて窓の向こう側で大声張り上げるなんて驚き。正直、ゾンビみたいに見えた。

 あれじゃ落ち着いて開票作業なんてやっていられない。白い紙を貼って見えないようにしたくなるのも理解できる。

 ひどい国になったもんだ。気の毒だけどグレートになんてなれそうもない。そもそもあの人たちの目指しているグレートとは何???

 それはさておき、フランスは日本より少しだけ季節が先に進んでいるようです。

 ピレネー地方では初雪が観測されました。各地で霜が降りたという報告もありました。秋が終わりつつあるようです。

 そんなアルザス地方の小さな町ムツィグ(Mutzig)を尋ねてみましょう。

Paris_Mutzig.jpg


下記の写真をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局TF1で2020年11月6日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。

20201107.jpg

 金曜日の朝、霜が降りていました。

 山の紅葉が白くかすんで見えます。

 晩秋をもう少しで通り越してしまいそうなこの風景。

 こちらは学校に向かう親子連れ。シロクマみたいな帽子が可愛い。保護者もお子さん達も厚着ですね。

 「ちょっと買い物に出るのが億劫になりますね。この寒さでは着込まないと外出もできません」と保護者。

 「そうですね、少し暖房もいれましたよ」と別の保護者。

 この方のマスク、手作りですかね?夏には鬱陶しいマスクも寒くなるにつれて暖房効果を発揮してくれるような・・・。

 こちらは市場。あんまり賑わってないですね。

 お客さんは必要なものだけささっと買って帰るようですし、お店も少々少なめ。

 「出かける時は手袋をしますね。その方が温かいですから(笑)」と女性客。

 「この一週間か二週間で季節が変わってしまうと思います」とお店の方。

 寒さの中、外でお店を出すのも大変ですね。でも暖房の用意はできます。小型の暖房器具。

 「今朝は気温が1℃しかなかったですから、これで暖かくすごせます」と女性。

 しかし、お客さんの中には薄着の人も・・・。トレーナーにパンツ姿。大丈夫ですかね?

 「いつもこれで買い物にきてますから変わらないですよ」と男性。

 しかし、もう冬がそこまで来ています。いつまでもトレーナーだけというわけにはいかないですよね。


******* フランス人のつぶやき *******

「今日、バックミラーに着氷防止装置が付いているのに初めて気がついた。この車、6年も前から運転しているのに・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

VDM(Vie de Merde)より


nice!(45)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 45

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。