SSブログ

新装オープン [パリ]

 コロナ禍になってお店に行って洋服を買った記憶がない。買ったのは昨年2月の頭、渋谷の東急東横店が閉店セールをやっていた時で、ぎりぎりコロナ前のことだった。

 あそこはもう取り壊しが始まってるんだろうか?渋谷を通る時は何も見ないで逃げるように早足で歩くだけ。それゆえどうなってるのかはっきりしない。

 さて、延々と休業を続けていたパリのデパート、サマリテーヌ(Samaritaine)が本日6月23日に新装オープンするそうです。

Paris_Paris.jpg


下記ウィンドウの▷をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France 2で2021年6月21日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 サマリテーヌがしばらく休業するという話を聞いたのは、いつ頃だったか思い出せないくらい前のこと。

 入り口が閉じられた店の前を一度歩いたような記憶がある。話によれば、なんと16年もの歳月をかけて修復作業が続けられていたようです。

 パリの中心部、ポン・ヌフのたもとに位置するこのデパートは4つの建物からなっています。

 1870年の創業時には、ちっぽけな小売店だったのが、その30年後にはパリで一番大きなデパートになりました。売り場面積は全体で10万平米。

 創業者のエルネスト・コニャックは革新的な人だったようです。

 1960年代には、あらゆる人達が買い物に訪れ、まるで聖地のような存在になりました。

 注目すべきはその建物。全体がアールヌーヴォー!

 しかし、しだいに赤字をかかえるようになり、建物の老朽化で2005年に休業。

 取り壊しか、それとも修復かで紆余曲折。結局、7億5,000ユーロの巨額を投じて修復されることになりました。

 生まれ変わったサマリテーヌがこちら。繁栄を誇った当時の姿がよみがえりました。こりゃちょっと残しておきたい建物ですね。

 大株主が、あのヴィトンを傘下にもつLVMHらしいので、修復の費用がなんとかなったんじゃないだろうか?

 新装オープンを前に、マクロン大統領も訪れたとか。

 どうもホテルやオフィスなども入っていて、多目的な建物になっているようです。


******* フランス人のつぶやき *******

「今日、デパートで元生徒にばったり出くわした。『元気かね?今、なにやってるの?専門分野は?』と私。すると彼が言った。『あの・・・先生・・・僕は今、最終学年です。今朝もあなたの授業を受けてきました』[あせあせ(飛び散る汗)]

VDM(Vie de Merde)より


nice!(47)  コメント(0) 

nice! 47

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。