SSブログ

週末はロシュで [パリから週末旅]

 日曜日は恒例の週末旅。

 今回はフランス王室にゆかりのある町ロシュを旅します。パリからは、列車ならトゥールで一回乗り換えで約3時間15分ほど。

 では出発!

Paris_Loshes02.jpg


下記ウィンドウの▷クリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局TF1で2022年4月23日に放送)動画が見られない場合は→こちらをクリック

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 今回の旅は中世からルネッサンス期までの時間の旅でもあります。

 なにやら年代物の塔が町の真ん中に・・・。そしてこの地方名産のグルメも楽しめます。

 まずはこちらの貴婦人の後をついていってみましょう(青印)。この方、昔のドレスを作っては毎日のように着ているそうです。いつもの洋服と雰囲気が変わって楽しいんだそうです。

 「主に18世紀のドレスを参考に作っています」

 ちょっとしたコスプレですね。何処かのお姫様になったような気分になれそう。

 さて、次は町の中を散策してみましょう。広場に行ってみると土曜日の朝市が開催されていました。

 加工肉のお店では、この地方の特産品リヨン(rillons)が売られています。豚バラ肉のブロックを炒めてそのまま脂汁に漬け込んだもの。さらに、このヤギのチーズもこの地方の特産です。灰がまぶしてあります。美味しいものが色々ありそうですね。

 こちらの女性、両手いっぱいに荷物をお持ちです。毎週、食料の買い出しにこの朝市に家族でやってくるらしい。お買い物がすんだらお店でちょっと一休み。仲間や家族が集まって交流を深める機会にもなっているようです。

 次は少々変わった場所に行ってみましょう。ここは町の外れにある交差点(赤印)。何やら変わったオブジェが並んでいます。これが作られているアトリエに行ってみましょう。

 こちらの方がその作者。今日も制作に励んでらっしゃいます。どれも金属の廃材を使っているそうです。こちらに展示してあるものは購入することもできるそうです。

 さて、そろそろ今晩の宿へと向かいましょう。そこは裁判所(黄緑印)。とは言っても、中は改装されてレストランやバー、そしてホテルになっています。この部屋は元判事の事務所でした。窓からの眺めも格別。オフシーズンで一泊104ユーロ。

 翌朝は、城塞にかこまれたロシュ城に行ってみましょう(こげ茶印)。フランス国王シャルル7世が好んで滞在したお城です。こちらの肖像画は愛妾アニエス・ソレル。宮廷に多大は影響力を持っていました。敷地内の教会にその墓所があるそうです。

 そして、塔の見学もできます。入場料は10.50ユーロ。ちょっと高めと思っていたら、こんなタブレットで中世の戦いをバーチャルで体験することができます。シャルル7世といえば百年戦争の時代。戦いに明け暮れていました。ジャンヌ・ダルクが活躍したのもこの頃。そして塔は、ルネッサンス期には牢獄として使われていました。階段を上がって屋上に出るとトゥール地方一帯をみわたすことができます。

 隣町のボーリュ=レ=ロシュとの間には広大な自然公園があります(緑印)。川辺には昔の洗濯場。のんびり散策ができそうです。多くの野生の動植物が生息しているほか、こんなアート作品も展示されているそうです。


******* フランス人のつぶやき *******

「週末があまりに退屈で、仕事をしてしまった・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

VDM(Vie de Merde)より


nice!(34)  コメント(0) 

nice! 34

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。