SSブログ

週末はオルタ湖で [パリから週末旅]

 日曜日は恒例の週末旅。

 とは言ってもいつものシリーズはお休み。その代わり、週末旅になりそうな番組を発見してしまったので勝手に組み込みました。

 どこへ行くかと言えばタイトル通り、イタリア北部にあるオルタ湖。風光明媚な高級リゾート地のようです。

 パリからは空路と列車を乗り継いで7時間半足らず。では出発!

Italy_LagodOrta.jpg


下記写真をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局TF1で、2022年10月12日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。

Orta.jpg

 おお、美しい。

 地図で見ると他の湖に比べて小さいようですが、実際に見てみるとそれなりの大きさ。湖の中に小さな島があるようです。

 湖畔の町を散策する人たち。

 「ここに来ると煩わしい日常を忘れてしまいます」

 「ここなら本当にリラックスできます」

 観光客だけでなく近隣の地元の皆さんもいらっしゃるようです。

 「ここは正真正銘の湖ですよ」とアイスクリーム片手のおしゃれなおじさま方。

 「小さな湖ですが美しいですよ」と別の男性。

 湖畔には19世紀にミラノの富裕層が建てたヴィラが並んでいます。

 こちらは、1815年から同じ一族が経営してきた歴史あるレストラン(オレンジ印)。

 「イタリア語を学ぶために多くの英国人がオルタにやってきた頃から、観光地として新しい役割が生まれたんです」と現在のオーナー。

 レストランからすぐのところにはこんなムーア風のヴィラがあります(青印)。なんとも贅沢なヴィラ。作られたのは1880年。綿産業の先駆者であるクレスピが妻のために作った邸宅だそうです。綿で巨万の富を築いたか・・・。現在は高級ホテルとして使われています。

 ここから30キロほど北へ移動したところには、イタリアの一般家庭でよく見かけるキッチン用品のメーカーとして知られるアレッシィの工場があります(赤印)。

 社長が中を案内してくれました。こちらはレモンやオレンジの絞り器。ああ、これここで作ってたのかあ。それにしても大胆デザイン。

 さらに、様々なデザインのコーヒーメーカーも生み出してきました。なかでも世界的に知られているのがこれ。社長の母方の祖父が発明したのだそうです。先日、わが家でも新しいのを購入して美味しいコーヒーを毎日飲んでいます。

 さあ、最後はやっぱり気になる湖の中にあるあの小さな島を訪ねてみましょう(緑印)。

 ここにもヴィラが立ち並んでますが使われるのは夏の間だけ。唯一の住人はこちらの男性。

 すぐ近くにはベネディクト派修道会のバジリカ式聖堂があります(紫印)。12世紀に建てられたこの聖堂は日曜日のミサの時以外は静まりかえっているそうです。こちらの皆さんは観光客の方々。

 島には面白い伝説があります。4世紀、ここは恐ろしい蛇や怪物が棲む岩山でしたが、聖ジューリオが、嵐の中、自分の外套を湖の上にかぶせて杖をつきながら島に渡ったと言われています。そして教会を立てて平和なキリスト教の島にしたとか。

 聖堂は、未明から午前中いっぱいまで光に満たされ、スピリチュアルで神聖な場所だということを教えてくれます。そのため、こうして結婚式を上げるカップルが数多く訪れるそうです。


******* フランス人のつぶやき *******

「今日、息子から聞いたのだが、彼の母親つまり僕の元妻が僕の誕生日に婚約者と結婚するらしい。しかも僕と同じ名前の婚約者。ああ、めでたいめでたい[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

VDM(Vie de Merde)より


nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行