SSブログ

30ユーロで晩ご飯204 [お料理実践編]

 月曜日は恒例の節約晩ご飯シリーズ。

 30ユーロ以内で、4人分の晩ご飯をフルメニュー(前菜+メイン+デザート)で作ってもらいます。

 今回はフランス北部のノール県に住む4人のご高齢のマダムがチャレンジしてくれます。

 フランスの家庭料理を作ってもらえそうな予感が・・・。

 ではスタート!

Paris_Roubaix.jpg


下記ウィンドウの▷をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局TF1で2023年3月4日に放送)▷が出てこない場合は→こちらをクリック

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 こちらの4人がそのマダム。

 この方々、お料理本を出しておられるようで、人気らしく売れ行きもいいそうです。

 では30ユーロを渡して、お買い物へ出発。

 すでに作るものは決まっているようです。前菜はポーチドエッグ、メインは鶏肉料理、デザートはリンゴのタルト。

 まずはこちらで玉子を6個、野菜コーナーではパセリ、玉ねぎ、にんにく、ニンジン、根セロリ、ジャガイモ、リンゴを確保。これが合計で11.83ユーロで残りは18.17ユーロ。

 次はお肉屋さんで鶏もも肉を購入。これが15.02ユーロで残りは3.15ユーロ。

 最後にパン屋さんでバゲットを1本購入。これが1.40ユーロで、手元には1.75ユーロが残って予算内に収まりました。では調理の開始。

 まずは前菜のポーチドエッグから。

 鍋にお湯を沸かしビネガーを加えます。玉子を落として固くなりすぎないくらいに茹でたらお玉で取り出し布巾の上に置いて水気を切ってから器にもりつけます。

 フライパンにバターを溶かし、刻んだパセリとニンニクを炒めます。これをポーチドエッグの上にのせ、スプーンで玉子の膜を切ってとろりとさせたら出来上がり。

 簡単ですねえ、家でも作れそう。

 次はメインの鶏肉料理。

 大きめの鍋に油とバターを入れてもも肉の表面をさっと炒めます。その後に刻んだ玉ねぎとニンジンを加えたら、オーブンに入れ焼き上げます。もも肉には下味が付けられているようです。

 オーブンで焼いている間にソースを作ります。濃縮トマトに小麦粉とマスタード少々を足してかき混ぜます。ここにブイヨン、生クリーム、ビネガーを加えたら焼けたもも肉の上からかけ、刻んだパセリを振りかけます。付け合せは炒めた根セロリとマッシュポテト。

 最後はデザート。

 リンゴをスライスしたら生地の上に並べ、バターをのせ砂糖を振りかけてからオーブンで焼きます。

 全部これと同じものを作って食べてみたい気がしてきました。


******* フランス人のつぶやき *******

「うちのアパートはつくづく狭いと思う。キッチンの明かりがベッドの明かりにもなっている[あせあせ(飛び散る汗)]

VDM(Vie de Merde)より


nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 53

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。